プロフィール

あつし

どうも、専業トレーダー兼大学生の「あつし」です。

バイナリーオプションやFXの為替取引で3年の投資経験を重ね、総取引額はハイローオーストラリアの取引だけでも3億円超。

当ブログサイトでは、そんな私がこれまで培った投資技術や知識を駆使し「初心者がハイローオーストラリアで1週間10万円稼ぐ」を目標に、他サイトでは見られない信頼のおける攻略情報を公開していきます。

>Twitterへアクセス

ハイローオーストラリア攻略必勝法

ハイローオーストラリアの1日取引は使える?メリットとデメリットを徹底解説

2021年1月25日

ハイローオーストラリアの1日取引は使える?メリットとデメリットを徹底解説

この記事でわかること

  • ハイローオーストラリア1日取引の取引方法と詳しい概要
  • 1日取引のメリットデメリット
  • ハイローオーストラリアの1日取引を攻略するための方法

どうも、あつしです。

さて、早速ですが、今回は海外バイナリーオプション業者のハイローオーストラリアに存在する取引方法『1日取引』に焦点を当ててお話していきたいと思います。

実際のところ、この1日取引に対しての需要に疑問を抱く方も多く存在しており、ハイローオーストラリアの数ある取引方法の中で、恐らく最も利用率が少ない取引方法であると言っても過言ではありません。

その理由は、海外バイナリーオプション業者で取引を行なっている多くの方が、短い時間で取引を完結できるということに魅力を感じており、1日取引にはそういった魅力が一切含まれていないからなんです。

実際に私もハイローオーストラリアで取引を始めたばかりの頃は「1日取引なんてするならFXやるわ!」なんて、少ない知識で語ってしまっていましたからね。笑

ということで、この記事ではハイローオーストラリアの1日取引に隠されたメリットやデメリット、巷に流れる間違った情報の真相まで完全網羅で解説していきます。

ハイローオーストラリアの1日取引はどんな取引?

ハイローオーストラリアの1日取引はどんな取引?画像

ではまず初めに、海外バイナリーオプション業者のハイローオーストラリアに用意されている『1日取引』とは、一体どんな取引方法なのかという事から解説します。

ハイローオーストラリアの1日取引は、その名の通り取引開始から取引終了までの時間が1日という長い時間に設定された、ハイローオーストラリア最長の取引です。

しかし、実際のところは、ハイローオーストラリアの営業時間や商品毎の取引可能時間といったものの兼ね合いで、1日といっても判定時間は24時間ではありません。

他サイトでは23時間という間違った情報が記載されていますが、実際は取引商品ごとに1日取引の判定時間は異なるので、以下の公式サイト情報をご確認ください。

>ハイローオーストラリア公式サイト記載の1日取引の商品ごと取引スケジュール

そして、この1日取引という長い判定時間は、すべての取引に用意されているわけではなく、ハイロー取引とハイロースプレッド取引のみで選択可能となっております。

さらに1日取引の最大の特徴として、ハイロー取引で1日取引を行なった場合は、ハイロー取引の中で最もペイアウト率が高い「1.95倍」での取引が可能となります。

ちなみに、ハイロースプレッドで1日取引を選択した場合は、その他の判定時間と同じように、ペイアウト率は「2倍」です。

もし仮に『どちらの取引方法で1日取引を行えばいいのか』というご質問を頂いたとすると、私は多少ペイアウト率が低くても、スプレッドが発生しないハイロー取引での1日取引をおすすめするでしょうね。

ハイローオーストラリア1日取引の実際の取引画面

上記の画像を見るとお分かり頂けるかと思いますが、ハイローオーストラリアの1日取引のペイアウト満期(勝敗判定)は1日1回しかこないということになります。

もちろん判定時間まで必ずポジションを保有しておかなければならないという訳ではなく、転売を利用することも可能です。

転売を利用する場合、イメージはFXのデイトレに非常に近くなってくるでしょう。

ココがポイント

・1日取引という名前でも、実際の判定時間は24時間ではない

・1日取引ができるのは「ハイロー/ハイロースプレッド」の二種類

・ハイロー取引ペイアウト率は、ハイロー取引内最高の1.95倍

・ペイアウト満期(勝敗判定)は1日1回だが、転売は利用が可能

ハイローオーストラリアの1日取引もポジションは複数持てる

これはよく皆さんが勘違いされることですが、1日取引でもその他の取引方法と同様にポジションは複数持つことが可能です。

つまり、1日取引はペイアウトが得られるのが1回ということで、ポジションを1つしか持てないというわけではないのです。

ですが、一応お伝えしておくと、ハイローオーストラリアの一回の取引時間の最大取引額は500万円(1エントリーは20万円)となっておりますので、その部分は他と同じようにポジション制限があります。

私は一回で500万円の取引をする方は見たことはないですが、覚えておいて損はしないので、頭の片隅に入れておきましょう。

ハイローオーストラリアで1日取引を利用する5つのメリット

ハイローオーストラリアで1日取引を利用する5つのメリット

ハイローオーストラリアの1日取引の大まかな概要が理解できたら、次は1日取引を利用するメリットを5つご紹介します。

1日取引にメリットなんてあるのか?なんて感じる方も結構多いと思いますが、1日取引のメリットは案外多くなっています。

バイナリーオプションらしくない長時間の取引であるという事が理由で、利用者の数自体は非常に少ないものの、蓋を開けてみると、そこには長時間の取引だからこそのメリットも結構あるもんなんですよね。

  • 単純にペイアウト率が高い
  • 資金減りを制限しやすい
  • 相場に張り付く時間が減る
  • 同値とノイズ負けしにくい
  • メンタル管理がしやすい

上記の5つのメリットを見て、確かにと思われた方も案外多いのではないですか?

それでは一つずつ確認していきましょう。

メリット① 単純にペイアウト率が高い

先ほどもお伝えしたように、ハイローオーストラリアの1日ハイロー取引は、ほかのハイロー取引と比較して、ペイアウト率が『1.95倍』と高い数値になっています。

その為、最も利用率が高いハイロー15分取引と比較して、損益分岐勝率が2.77%も下がり、非常に利益を得やすくなります。

□ 15分取引・1日取引の損益分岐

15分取引:54.05%
1日取引:51.28%

損益分岐勝率とは、バイナリーオプションで利益を得るか、それとも損失を抱えるかを分ける、重要な勝率指標のことですね。

つまり、1日取引の場合は、勝率51.28%を切らなければ損失は生まれないのです。

この2.77%という数字は、バイナリーオプションを始めたばかりの初心者からすると、非常に小さな数字に感じるかもしれませんが、実はこの数字かなり大きいです。

その数字の大きさを分かりやすく私の感覚で例えると、私は勝率を1%上げることができるなら100万円余裕で払います。笑

つまり、その感覚で言ってしまうと、私の中では損益分岐勝率が2.77%下がるということは、277万円の価値があるということ!(ちょっと誇大すぎるかも…?笑)

ですが、このメリットは本当大きなメリットなので、しっかり覚えておきましょう。

メリット② 資金減りを制限しやすい

こちらも既に冒頭でお伝えしましたが、ハイローオーストラリアの1日取引は、ペイアウト満期(勝敗判定)が1日1回です。

そのため、仮に1日に1日取引を1ポジション持つということをルールにすると、一日で負ける金額は絶対的に制限されます。

例えば、1日に10,000円の1日取引を一回ということならば、仮に取引に負けたとしても10,000円の損失に抑えられます。

それって他の取引方法も一緒じゃね?

こんなことを感じた方もいると思いますが、たしかにこれは間違っておりません。

だって、30秒ターボでも1日1回に自分で制限したら、損失は抑えられますもの。

でもね、その30秒ターボで負けた場合、きっと95%の方が『もう一回やって取り返す!』という状態になると思います。笑

それを考えると、1日取引はペイアウト満期(勝敗判定)が1日1回なので、非常に損失を制限しやすいと言えるでしょう。

メリット③ 相場分析の焦りが少ない

通常、バイナリーオプション取引という投資方法は短い時間で取引が完結するため、非常に繊細な取引が必要となり、それに従って分析に焦りが生じることがあります。

それは、判定時間が短くボラティリティ(レートの動き幅)が小さくなる、つまりエントリーに少しのズレも許されないという考えが頭に回ってしまうからですね。

また、そんな取引を何度も繰り返すことになるため、エントリー中も気を許すことができず、常に頭は集中モードのままです。

私は1日で最高14時間の取引をし続けたことがありますが、もうかなりしんどくって、頭がめちゃくちゃ痛くなりました。笑

ですが、1日取引の場合は取引時間が非常に長く、ボラティリティ(レートの動き幅)が大きな土俵で戦えるため、それほど繊細な取引が必要となってきません。

つまり、ほかの短時間取引と比較して、余裕を持って取引に挑めるということです。

メリット④ 同値・ノイズ負けしにくい

さて、ここで質問を挟ませてください。

ハイローオーストラリアの取引で、あなたは以下のような負けパターンをこれまで何回経験したことがあるでしょうか…?

非常によくある負けパターン

・エントリー時と同じレートで判定時間を迎えて負けるパターン。

・ノイズが発生して不利な場所で約定されて負けるパターン。

私はハイローオーストラリアで取引を始めて約4年という月日が経ちましたが、この負けパターンに陥ってしまった回数は、体感で言うと100万回くらいあります。笑

まあこれは非常に悔しい負け方なので、結構強く印象に残ってしまうため、かなりオーバーに言わせてもらいましたが、実際にこの負けパターンって本当よくあります。

では、このパターンが発生してしまう原因は、一体どんな部分にあるのでしょうか?

答えは簡単、取引時間の短さによって発生するボラティリティの小ささが原因です。

既に気付いている方も多いと思いますが、この負けパターンって30秒取引だと腹が立つくらい頻繁に起きてくるんですよね。

ですが、反対に取引時間を1日に設定すると、この負けパターン発生率は限りなくゼロという数字に近いものとなってきます。

だって、1日取引で同値負けするという事は、1日ローソク足の始値と終値が全く動いていない状態になっているという事ですから、そりゃ確率的にはめちゃ低いです。

このように、1日取引にはノイズによる負けや同値による負けを大幅に減らせるという大きなメリットも存在しています。

メリット⑤ メンタル管理がしやすい

これはバイナリーオプション取引を行なっている方なら強く共感して頂けると思いますが、投資取引というものは、取引時間が短くなればなるほど感情のコントロールを行うのが非常に困難となってきます。

この現象は3つ目のメリットと深く関係しており、短期取引は神経を集中させる時間が長くなる傾向があり、それと同時に感情を抑える時間を取る機会が減るのです。

さらに短期取引は、資金の増減がかなり激しくなってくるため、どうしても精神が乱れるポイントが増えていってしまいます。

こういった事が重なって、精神が乱れて無茶なエントリーを重ね、資金を大幅に減らしてしまうというのはよくある話です。

しかし、1日取引は取引時間が長いため、精神を落ち着かせる機会が増え、資金の増減もゆっくりなスピードとなっているため、メンタルのブレが起きにくいのです。

なので、無茶な取引を行なって後悔する事がよくあるという方は、1日取引でその癖の改善を図るというのも一つの手ですね。

ハイローオーストラリア公式サイト

ハイローオーストラリアの1日取引に隠されたデメリット3選

ハイローオーストラリアの1日取引に隠されたデメリット3選

さて、ハイローオーストラリア1日取引の魅力は十分に伝わりましたでしょうか?

ですが、メリットがあれば、もちろんそこには必ずデメリットも存在しております。

  • 経済指標に巻き込まれる
  • リスク分散ができない
  • 学習コストが非常に高い

ということで、この章ではハイローオーストラリアの1日取引に隠された3つのデメリットをご紹介していきたいと思います。

デメリット① 経済指標に巻き込まれる

あなたはこれまでに『経済指標』という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

経済指標とは、各国の公的機関が定期的に発表する、自国経済状況の数値、またその数値を発表する行為のことを指します。

通常の短期取引であれば、経済指標の発表時間とエントリーが重なる機会は少ないですが、1日取引のような長期取引では、経済指標と重なる機会も増えてきます。

経済指標の発表時間には、通常ではありえないような急激なレートの動きが発生することも多々あり、経済指標発表のタイミングでポジションを保有し続けておくというのは、非常に危険な行為と言えます。

なので、1日取引を利用する際は、きちんと経済指標発表後のレートの動きを鑑みたエントリーを行わなければいけません。

デメリット② リスク分散ができない

1日取引は他の短期取引と比較して、取引回数を稼ぎにくいという特徴があります。

取引回数を稼げないということは、勝率を収束させることが難しくなる、つまりリスクを分散させることが困難となるのです。

例えば、コインを振って表側が出る確率は50%ですが、2回コインを振ると必ず表裏が一回ずつ出るとは限りませんよね。

2回表が出ることもあれば、2回裏が出るということも、もちろん有り得てきます。

これを勝率50%のバイナリーオプション取引に置き換えると、2回勝つこともあれば、2回とも負けることもあるのです。

ここで2回とも負けてしまったとすると、本来の勝率50%ならば損失は少しで防げていたのにも関わらず、大きな損失を抱えてしまうことになってしまいますよね。

この確率を本来の数字である勝率50%に近付けるためには、試行回数、つまり取引回数を増やすほかに方法はないのです。

デメリット③ 学習コストが非常に高い

これはバイナリーオプション取引に限ったことではありませんが、投資の取引ノウハウというものは、同じ取引ノウハウが全ての取引時間に通用するとは限りません。

15分取引で勝率60%ある取引ノウハウが、1日取引で同じ勝率を出せるとは限らないため、きちんとそれぞれの判定時間に合ったノウハウを練る必要があるのです。

そして先ほどもお伝えした通り、ハイローオーストラリアの1日取引は、取引回数を増やすことが取引の形式上困難です。

しかし、1日取引で勝てるノウハウを生み出すためには、ほかの15分取引等の短期取引で勝てるノウハウを生み出すのとまったく同じ時間を費やす必要があります。

取引回数は少ないのに攻略するためには時間をかけなければならない、これは学習のコストが非常に高いと言えるでしょう。

なので、まずは1日取引の攻略法を練っていく前に、学習コストが低い短期取引の攻略法を練っていくのが最善と言えますね。

1日取引は予想が立てやすいという情報は本当なのか?

1日取引は予想が立てやすいという情報は本当なのか?画像

他サイトで一日取引に関する情報を調べてみると『一日取引は予想が立てやすい』という情報が幾つか転がっておりました。

「1日取引は相場分析の時間がたっぷりと取れるため、短期取引と比較して余裕を持って取引ができて予想が立てやすい。」

他サイトに書かれていた一日取引が予想を立てやすいという理由には、上記のような理由が書かれていましたが、本当にこの情報は正しいと言えるのでしょうか…?

これはあくまで私の見解ですが、この余裕を持って取引ができるから予想が立てやすいという考えはまったく間違っておりませんが、1日取引が予想を立てやすいという一番の理由はそこではありません。

これは投資の基本的な知識の一つですが、為替相場というものは長期足を利用する取引になればなるほど、テクニカル分析の信用性が高くなってくる傾向にあります。

例えば、1分足と1時間足では、RSIの効きやすさは断然1時間足のほうが上です。

他にもローソク足の丸坊主がチャート上に出現した時には、トレンドが反転しやすい傾向にありますが、この丸坊主ノウハウも1時間足では非常に信用性が高いです。

つまり、1日取引が予想を立てやすいといえる本当の理由は「長期足を利用する取引になるため、テクニカル分析の信用性が高くなる」という点にあるわけなんですよ。

ちなみにこの丸坊主ノウハウ、めちゃくちゃ強いので、ぜひあなたのバイナリーオプション取引にも取り入れてください。笑

1日取引の転売利用はあり?

1日取引は転売がしやすい、これも他サイトで見つけた情報ですが、これってなんかおかしいって思うの私だけでしょうか?

バイナリーオプションの1日取引で転売を利用するって、もうそのまんまFXのデイトレードになっちゃいませんかね…?

1日取引は取引時間が長く、短期取引と比較して、転売で利益が出るタイミングが訪れる可能性が高いから転売が使いやすい。

まあ言っている意味は分かりますが、それなら普通にFXをしたほうがいいです。笑

ハイローオーストラリアの転売ペイアウトの計算方法は公開されていませんが「ボラティリティ・判定残り時間」が関係しており、常に転売ペイアウトは変動します。

そして、その転売ペイアウトを見ていると、1日取引で言ったらFXをしてるほうが全然良いので、転売ありきで1日取引をするのであればFXに乗り換えてください。

ハイローオーストラリアの転売機能は、ペイアウトが常に大きく変動するため、あくまでエントリーミスをしてしまった時の救済処置であって、利確と損切りのために利用するべきではないかと思っています。

ハイローオーストラリア公式サイト

ハイローオーストラリアの1日取引を攻略するための方法

ハイローオーストラリアの1日取引を攻略するための方法

それでは最後に、ハイローオーストラリアの1日取引を攻略するために、必ず意識しておくべき事をお伝えしていきましょう。

  • マルチタイムフレーム活用
  • 短期取引併用でリスク分散
  • 大きな指標発表日は避ける

これからご紹介していく1日取引を攻略するための方法は、上記の3つになります。

この3点は1日取引を利用するのなら、絶対的に抑えておかないといけないポイントになりますので、必ずしっかりと最後までチェックするようにしてくださいね。

攻略法① マルチタイムフレーム活用

まず初めにご紹介していく1日取引の攻略法は「マルチタイムフレーム活用」です。

マルチタイムフレームとは、1つの相場に対して、複数の時間足チャートを分析するといった、分析方法のことを呼びます。

このマルチタイムフレームの知識や技術は、もちろん通常の短期取引にも必要となってきますが、1日取引のような長期取引になるとよりその重要性は増してきます。

マルチタイムフレーム分析を使ったバイナリーオプション攻略法
マルチタイムフレーム分析を使ったバイナリーオプション攻略法

この記事でわかること バイナリー攻略に必須のマルチタイムフレーム分析の意味 MTFの活用方法 MTFを利用する上での注意点 木を見て森を見ず。 「物事の一部しか見れず、全体を見失ってしまう」という意味 ...

続きを見る

私はいつも取引を行う時には、各時間足にそれぞれ自身で決定した役割を分担させて、それを元に相場分析を行っています。

□1日取引のMTF活用例

4時間足:大まかな環境認識
1時間足:インジケーター数値分析
30分足:エントリーの絞り込み
15分足:エントリーポイント決定

上記は一つの例ですが、まず4時間足で相場全体の流れを把握し、その後1時間足でインジケーター分析を行なっていきます。

次に30分足でエントリー位置を絞り込んで、15分足で実際にエントリーします。

さらにここで重要となるのが、各時間足があと何本確定したら判定時間になるのか、これを把握しておくことも必要ですよ。

攻略法② 短期取引併用でリスク分散

次は「短期取引併用でリスク分散」です。

これは1日取引のデメリットの部分でご紹介しましたが、1日取引は取引方法の形式上、取引回数を稼ぐことが難しく、リスクを分散させることが困難となってきます。

なので、1日取引だけで取引を行うのではなく、必ず通常の短期取引や中期取引と併用して、取引を行うようにしましょう。

というか、せっかくハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引を行なっているのであれば、あくまで1日取引はサブとして、短期取引をメインにしましょう。

この長と短を両立した取引スタイルを上手く身に付けることで、あなたの取引の幅は大きく広がってくることかと思います。

攻略法③ 大きな指標発表日は避ける

最後にご紹介する1日取引の攻略法は「大きな指標発表日は避ける」になります。

こちらも1日取引のデメリットをご紹介した際にお伝えしましたが、経済指標が相場に与える影響は非常に大きなものです。

特にアメリカやイギリスの大きな経済指標がある日の1日取引に関しては、相場が非常に大きく動くことが予想できるので、絶対に避けた方がいいと言えるでしょう。

【ハイローオーストラリア】勝てる投資家は経済指標を避けている!?
【ハイローオーストラリア】勝てる投資家は経済指標を避けている!?

この記事でわかること 経済指標が与える影響力 経済指標の取得方法と注意点 経済指標はバイナリーオプションで使えるのか どうも、あつしです。 あなたは経済指標が相場にどんな影響を与えているかご存知でしょ ...

続きを見る

その日の経済指標の確認方法や詳しい相場に与える影響などは上記の記事でご紹介しておりますので、一度ご確認下さい。

私たちのような個人投資家が経済指標を攻略できる可能性は、ほぼゼロといっても過言ではありませんので、テクニカルで攻めていくということが最も無難ですよ。

まとめ

ハイローオーストラリアの1日取引は使える?メリットとデメリットを徹底解説のまとめ画像

今回はハイローオーストラリア1日取引のメリットやデメリットから攻略法まで、初心者向けに徹底解説していきました。

ハイローオーストラリアの1日取引は、他の取引方法と比較すると、断トツに利用率が低いマイナーの取引となっております。

しかし、決して難易度が高かったり、デメリットが多いというわけではありません。

1日取引は上手くトレードに取り入れていく事で、あなたの取引の幅は大きく広がり、全体に良い影響を与えてくれます。

これまで短期取引しか行なってこなかった方、これからハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引にチャレンジするという方も、一度試しに少額から1日取引にチャレンジしてみるのもありですね。

その際は、今回ご紹介した攻略法をしっかりと活用して、取引を行なってください。

それでは、あつしでした。

ハイローオーストラリアの詳細情報

業界一の
人気老舗業者!

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。高い利益率とスムーズな入出金を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

-ハイローオーストラリア攻略必勝法