プロフィール

あつし

どうも、専業トレーダー兼大学生の「あつし」です。

バイナリーオプションやFXの為替取引で3年の投資経験を重ね、総取引額はハイローオーストラリアの取引だけでも3億円超。

当ブログサイトでは、そんな私がこれまで培った投資技術や知識を駆使し「初心者がハイローオーストラリアで1週間10万円稼ぐ」を目標に、他サイトでは見られない信頼のおける攻略情報を公開していきます。

>Twitterへアクセス

ハイローオーストラリア攻略必勝法

【ハイローオーストラリア】もう迷わない!通貨ペアの種類と攻略法

2019年5月23日

【ハイローオーストラリア】もう迷わない!通貨ペアの種類と攻略法

この記事でわかること

  • 通貨ペアの言葉の意味
  • ハイローオーストラリアで取引可能な通貨ペア
  • 自分に合った取引通貨ペアの探し方

どうも、あつしです。

早速ですが、あなたは自分に合った『通貨ペア』できちんと取引できていますか?

適当に決めちゃってるという人も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当たり前かもしれませんが、ハイローオーストラリアで取引する際は、必ず『通貨ペア』を選ばなければ取引ができません。

バイナリーオプション取引で登場する通貨ペアには数多くの種類があり、初心者投資家の方々はどの通貨ペアを選んだら良いのかわからないというのはよく聞く話です。

ということで今回は『通貨ペアってなに?』ということから、実際に取引を行う上で『バイナリーオプション初心者に向いている通貨ペア』を解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、あなたは通貨ペアの選択で迷うことはなくなります。

そもそも通貨ペアとは?

まず通貨ペアとは、為替取引を行う際に使用される『米ドル/円』などの2つの通貨の組み合わせ(ペア)のことを呼びます。

あなたも『USD/JPY』や『ドル円』といった言葉を目にしたことがありますよね。

通貨ペアは左側に位置する通貨が「取引通貨」と呼ばれ、右側に位置する通貨が「相対通貨」という名前なっております。

例えば「米ドル/円」の組み合わせの場合、米ドルが取引通貨、円が相対通貨になる。つまり、米ドルで取引を行って、損益を円で算出するようになるのです。

簡単に言うと、『○米ドルが/○円です』ということですね。けっこう簡単でしょ?

ハイローオーストラリアの取引画面

ハイローオーストラリアの取引画面で言えば、赤枠部分で現レートが確認できます。

こちらは『1米ドルが/108.083円です』という事を表しているのが分かります。

ちなみに、通貨ペアは主要通貨同士では『ユーロ→英ポンド→豪ドル→米ドル→カナダドル→スイスフラン→日本円』といった順に並べるのがルールとなっています。

なので『JPY/USD(円ドル)』ではなく『USD/JPY(ドル円)』になるのです。

ハイローオーストラリアで取引できる通貨ペア一覧

ハイローオーストラリアで取引できる通貨ペア一覧画像

ちなみにバイナリーオプション業者によって、取り扱っている通貨ペアの種類も大きく変わってくるのはご存知でしたか?

ハイローオーストラリアは、バイナリーオプション業界の中でも非常に多くの通貨ペアを取り扱っており、その数なんと17種類の通貨ペアで取引が可能となっています。

そして、ハイローオーストラリアには複数の取引方法がありますが、その取引方法によって使用される通貨ペアも異なります。

もし、取引方法の種類を忘れてしまったという方は、ハイローオーストラリアの取引方法の解説記事を一度ご確認ください。

  • HighLow通貨ペア
  • Turbo通貨ペア

ハイローオーストラリアの取引可能通貨ペアは、主にHighLow通貨ペアとTurbo通貨ペアに分かれており、HighLow通貨ペアの方が選択可能通貨が多くなっております。

では、取引方法ごとに使用可能な通貨ペアの一覧を一緒に確認していきましょう。

HighLow/HighLowスプレッド通貨ペア

ハイローオーストラリア取引方法「HighLow/HighLowスプレッド」で取引可能な通貨ペア

通貨ペア(計17種類)

・AUD/JPY(豪ドル/日本円)
・AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・CAD/JPY(カナダドル/日本円)
・CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
・EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
・EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
・GBP/JPY(英ポンド/日本円)
・GBP/USD(英ポンド/米ドル)
・NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
・NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
・USD/CAD(米ドル/カナダドル)
・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
・USD/JPY(米ドル/日本円)

仮想通貨(計4種類)

BITCOIN・ETHEREMU・LITECOIN・RIPPLE

商品指数(計3種類)

GOLD・UKOIL・USOIL

株価指数(計10種類)

AUS200・CHN50・FRA40・GER30・HKG33・JPN225・NAS100・SPX500・UK100・US30

ハイローオーストラリアのハイロー取引とハイロースプレッド取引で選択が可能な通貨ペアは「通貨ペア17種類/仮想通貨4種類/商品指数3種類/株価指数10種類」とかなり選択肢が多くなっております。

その中でも、仮想通貨と株価指数とGOLD以外の商品指数に関しては、取引時間が1日取引のみとなっており、15分取引や1時間取引といった短時間取引は選べません。

確かにこれだけ種類があったら、バイナリーオプション初心者はどの通貨ペアで取引したらいいか分からなくなりますよね。笑

ですが、ハイローオーストラリアで取引を行うトレーダーの多くは、1日取引しか選べないGOLD以外の商品指数・仮想通貨・株価指数で取引を行うことはありません。

これは個人的な考えですが、バイナリーオプション取引の最大の武器は他のどの投資方法より短い取引時間にあり、1日取引を行うならばわざわざバイナリーオプション取引を選ぶ必要はないのかなと思います。

Turbo/Turboスプレッド通貨ペア

ハイローオーストラリア取引方法「Turbo/Turboスプレッド」で取引可能な通貨ペア

通貨ペア(計7種類)

・AUD/JPY(豪ドル/日本円)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・GBP/JPY(英ポンド/日本円)
・NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
・USD/JPY(米ドル/日本円)

次にターボ取引とターボスプレッド取引では「通貨ペア7種類」のみ選択可能です。

先ほどのハイロー取引とハイロースプレッド取引と比較すると、その通貨ペア数はかなり少なくなっているのが分かります。

この7種類の通貨ペアの共通特徴としてあるのが、どの通貨もボラティリティが少ない通貨になっており、少し短時間でピプスを抜くのが難しい通貨ペアと感じますね。

なので、ターボ取引とターボスプレッド取引を行う際は、かなり慎重に通貨ペアを選択するということ必要となってきます。

ですが、ハイロー取引の通貨ペアも含め、これだけ種類があればバイナリーオプション初心者はどの通貨ペアで取引したらいいのか分からなくなってしまいますよね。

でも、ご安心ください。

次章では、通貨ペアを選ぶ方法を初心者向けに詳しく解説していきたいと思います。

ハイローオーストラリアの取引通貨ペアを選ぶ方法

ハイローオーストラリアで取引を行う通貨ペアを選ぶ方法には、大きく分けると以下の二つの方法が存在しております。

  • 時間帯で選ぶ方法
  • 値動きの特徴で選ぶ方法

私も今でこそ意識をせずとも通貨ペアを選べるようになりましたが、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、上記の二つの方法を意識して取引を行なってました。

では一つずつ確認していきましょう。

方法① 時間帯で選ぶ方法

通貨ペアの値動きは、その通貨が貨幣として利用される国のマーケットオープン時間によって、大きく動きが変わってきます。

つまり、通貨ペア両方の国のマーケットがオープンしていたら、値動きが激しくなり少し予想しづらくなってくるのです。

その逆も然り、両国のマーケットがオープンしていなかったら、値動きが少なく相場が動かず負けてしまう可能性が高くなってしまい、特にターボ取引だと致命的です。

例えば、東京市場がオープンしていて、ロンドン市場とニューヨーク市場がオープンしていない9時~17時までは「USD/JPY」「EUR/JPY」が予想を立てやすいです。

もう一つ例を挙げると、ロンドン市場がオープンしていてニューヨーク市場がオープンしていない17時〜22時は「EUR/USD」が予想を立てやすい時間帯になります。

今回は、世界市場のマーケットオープンの時間を以下にまとめておきました。

ぜひ取引の参考にして頂いて、ハイローオーストラリアの攻略に役立ててください。

世界市場のオープン時間

□NZD(ウェリントン市場)
夏時間(9月最終日曜日~4月第1日曜日):6:00~14:00
冬時間:5:00~13:00

□AUD(シドニー市場)
夏時間(10月第1日曜日~4月第1日曜日):8:00~16:00
冬時間:7:00~15:00

□JPY(東京市場)
全時間:9:00~17:00

□CHF(チューリッヒ市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
冬時間:17:00~1:00

□EUR(ユーロネクスト市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
冬時間:17:00~1:00

□GBP(ロンドン市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):17:00~1:00
冬時間:18:00~2:00

□USD(ニューヨーク市場)
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
冬時間:23:00~7:00

□CAD(トロント市場)
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
冬時間:23:00~7:00

通貨ペアに関する注意

・市場オープン前後1時間は相場が大きく荒れることが予想されます。

・夏時間と冬時間でマーケットオープンクローズ時間が異なります。

方法② 値動きの特徴で選ぶ方法

これはバイナリーオプション取引を続けていると分かる事ですが、ハイローオーストラリアで取引可能な通貨ペアには、それぞれ値動きに細かな特徴が存在しています。

値動きが大きい通貨ペアや比較的小さい通貨ペア、そのほかにもレンジを組みやすい通貨ペアやトレンドが発生しやすい通貨ペアなど、その特徴は様々となっています。

一つ例を挙げてみると、私が得意とする通貨ペアの一つのAUD/NZDですが、この通貨ペアは短時間で大きくレートが動くと、その動いたレート分の値を戻そうと反発する力が発生しやすい通貨ペアになります。

しかし、これはあくまで私の感覚です。

見るチャートは同じでも、人によって見方や感じ方は大きく異なってくるため、あくまで参考程度に覚えておいてください。

これを言ってしまうと元も子もないですが、通貨ペアの特徴というのは本当に人それぞれ感じ方が変わるため、他人から聞いた通貨の特徴などあまり役立ちません。

チャートをしっかり分析しながらバイナリーオプション取引を続けていると、自分の取引スタイルがどんどん確立されていくのですが、それと同時に自分の取引スタイルに合った通貨ペアが必ず見つかります。

自分に合った通貨ペアを見つけることで、取引勝率を大幅に高めることができるので、ぜひあなたも探してみましょう。

通貨ペアに関する注意

・通貨ペアの特徴は他人の意見を参考にしてもあまり意味がない。

・自分に合った通貨ペアを見つけることはバイナリーでは必須条件。

自分に合った通貨ペアを探す方法

自分に合った通貨ペアを探す方法画像

では、自分に合った通貨ペアはどのように探したら良いのか、方法をお伝えします。

その方法は『各通貨の過去チャートを遡って分析し続ける』という他にありません。

バイナリーオプションで稼ぐ投資家と稼げない投資家を比較すると、そこには絶対的にチャート分析量の差が生まれてきます。

この通貨ペアの特徴を知るということは、相場感を鍛えることと同意義であり、やはりそこには残念ながら近道などは一切存在せず、地道に学習するしかないのです。

しかしながら、この学習時間を効率化する方法は存在しており、その方法に関しては以下の記事で詳しくご紹介しておりますので一度は目を通しておいてください。

チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術
チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術

この記事でわかること バイナリー攻略に最も効果的なチャート分析方法 どうも、あつしです。 今回は、バイナリーオプションで取引を行うにあたって一番大切な「チャート分析効果を10倍にする方法」をお伝えしま ...

続きを見る

さらに海外バイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」には、無料で利用できるデモ取引機能も完備されているので、そちらを利用するのも一つの手です。

チャートの分析作業は、面倒臭いということが理由で多くのトレーダーが避けがち。

でも、そんな面倒な作業をコツコツと積み上げていったものだけが、本物の稼げる投資技術を身に着けることができるんです。

努力は絶対に裏切らないという言葉を耳にしたことはあると思いますが、投資の世界はただ努力さえすれば必ず報われると言えるほど甘い世界ではないものの、努力せず報われることは絶対にありえません。

この事をしっかりと理解しながら、あなたも日々努力を行なっていってくださいね。

初心者におすすめの通貨ペア

それでは最後になりますが、私が個人的にバイナリーオプション初心者におすすめだと思っている通貨ペアをご紹介して、この記事を終わりにしたいと思います。

  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/JPY(ユーロ円)
  • EUR/USD(ユーロドル)

私が個人的にバイナリーオプション初心者におすすめだと思っている通貨ペアは、上記の3つの通貨ペアになります。

なぜこの3つなのかというと『JPY(東京市場)、EUR(ロンドン市場)、USD(ニューヨーク市場)』の3つが世界三大市場と言われている点に理由が隠されています。

この3つは市場には市場参加者も多くなり、必然的に取引量も多くなります。

では、ここで一つ問題!!

取引量が多くなるとチャートには、どのような影響が出てくると思いますか…?

その答えは「取引量が多くなるにつれて、同時に流動性が高くなっていく」です。

流動性とは、取引のしやすさを指すのですが、この流動性が高いとチャートが異常な動きを見せる可能性が格段に減ります。

つまり、テクニカル分析などの方法で予想が立てやすくなるということですね。

ちなみに2016年は「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」「ユーロ/円」だけで、通貨ペア全体の約40%の取引量となりました。

このデータを見ても、3つの通貨ペアの安定性が非常に高いことが分かりますよね。

まだ通貨ペアの特徴を掴めない、自分に合った通貨ペアを見つけることができないという方は、この3つの通貨ペアを基本的な取引通貨に設定しておくと良いでしょう。

まとめ

以上が通貨ペアに関してのご紹介でした。

ハイローオーストラリアに限らずバイナリーオプション取引を攻略するには、各通貨ペアの特徴を知っておくということが必須条件になってくることは間違いないです。

ハイローオーストラリアは、他業者と比べて圧倒的に通貨ペアの銘柄が多いです。

しっかりと日々チャートを分析して、自分のトレードスタイルにマッチした通貨ペアを見つけていけるようにしましょうね。

自分に合った通貨ペアを見つけられるまでは、今回ご紹介した以下の3つの通貨ペアを主軸に取引を始めるのがおすすめです。

・USD/JPY(米ドル/日本円)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)

その前にまだハイローオーストラリアに口座をお持ちでない方は、こちらのハイローオーストラリアの口座開設方法を確認しながら、口座開設を済ませておいて下さい。

それでは、あつしでした。

ハイローオーストラリアの詳細情報

業界一の
人気老舗業者!

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。高い利益率とスムーズな入出金を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

-ハイローオーストラリア攻略必勝法