プロフィール

あつし

どうも、専業トレーダー兼大学生の「あつし」です。

バイナリーオプションやFXの為替取引で3年の投資経験を重ね、総取引額はハイローオーストラリアの取引だけでも3億円超。

当ブログサイトでは、そんな私がこれまで培った投資技術や知識を駆使し「初心者がハイローオーストラリアで1週間10万円稼ぐ」を目標に、他サイトでは見られない信頼のおける攻略情報を公開していきます。

>Twitterへアクセス

ハイローオーストラリア攻略必勝法

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方

2019年3月30日

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方

この記事でわかること

  • ボリンジャーバンドの概要
  • MT4上にボリンジャーバンドを表示させる方法
  • 正しいボリンジャーバンドの活用方法

どうも、あつしです。

今回は、バイナリーオプション取引で利用されるインジケーターの1つ、ボリンジャーバンドについてのお話です。

予めお伝えしておきますが、よくあるような「○σタッチで即エントリー」などという話なんかではありませんよ。

この記事を読まれる方の中には「○σタッチってなんだよ」って方から、「そもそもボリンジャーバンドってなに?」という方まで、様々な人がいるかと思います。

ですが、どんな状態でも関係ない!!

この記事の内容は、必ず頭に叩き込んでください。

今回お伝えする、ボリンジャーバンドの本当のエントリー手法を理解すると、バイナリーオプションの勝率は必ず上がります。

といっても、難しいお話ではありませんのでご安心くださいね。笑

たとえあなたがバイナリーオプション初心者でも、理解できる内容になっています。

それでは一緒に進めていきましょう。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは?
画像

まずはボリンジャーバンドってなに?という話からお伝えしていきます。

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に、チャートの値動きの幅を予想する線が入ったインジケーターになります。

チャートは移動平均線を大きく上振れ下振れすることはないので、その移動平均線が主軸になったインジケーターと言えます。

ちなみにジョン・ボリンジャーさんという方が発明したインジケーターだそう。

実際のボリンジャーバンド

上記のように値動きの幅を予想する線には3種類あり、それぞれ「黄色が1σ(シグマ)」「青色が2σ」「赤色が3σ」という名前が付けられています。

(線の色は自身で選ぶことができるので、決まりはありません。)

そして、上下線の間でチャートが収まる確率も公表されているんです。

その確率、なんと、、、

「1σ = 約68.3%」
「2σ = 約95.4%」
「3σ = 約99.7%」

これは驚きですよね。

巷に広まる謎のエントリー手法

はい、ここで私からの質問タイムです。

前章の確率を見て、あなたはなにか思いつくことがありませんでしたか?

「2σで収まる確率が95%もあるなら、チャートが2σにタッチした時点で、逆張りエントリーしたら勝率95%じゃね?」

敢えて言おう!!
カスである!!!!

これを見てください。

バンドウォーク

この現象はバンドウォークと呼ばれます。

こうなってしまった時、もしあなたが2σタッチ逆張りの手法でエントリーしていると、どうなるでしょうか…?

ちなみに、このインジケーターの発明者「ボリンジャーさん」もこんなボリンジャーバンドの使い方は推奨していません。

そして、以下の動画はボリンジャーバンド2σタッチの手法をバックテストという技術を使って測定しているものになります。

インジケーター単体としては高い勝率を誇っていますが、そのまま使うとすぐに口座資金が溶けていくのが理解できますね。

つまり、バイナリーオプションで取引をするにあたって、ボリンジャーバンド単体でエントリーを決定してはいけないのです。

これは他のインジケーターにも言えることなので、必ず覚えておいてくださいね。

それでは2σタッチのエントリー方法しか知らなかった方は、一旦チャートからボリンジャーバンドを削除しましょう。

ボリンジャーバンドの導入方法

次はMT4を使った、ボリンジャーバンドの導入方法を解説していきます。

もしすでに知っているという方も、一緒に確認してみてくださいね。

step
1
MT4を開く

MT4を使ったボリンジャーバンドの表示方法

まずはMT4の画面を開きます。

次に左上のメニューから「挿入→インディケータ→トレンド→Bollinger Bands」の順番で開き、クリックしてください。

step
2
ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドの設定方法

すると上記の画像のような、ポップアップが表示されるので、こちらに値を入力していきましょう。

ここであなたに注目して頂きたいのは「期間」と「偏差」です。

まずは「偏差」からご説明します。

偏差というのは、冒頭でお話した○σの中身になります。つまり、1σ線を表示するには、偏差は1に設定するということ。

ここでは、1を設定しておいてください。

次に「期間」の値ですが、FXでは20の数値がよく利用されます。(MT4のデフォルトでも20が設定されているはず)

ちなみに期間が20なら、直近のローソク足の20本分から計算されたボリンジャーバンドがチャート上に表示されます。

で、結局どの数値にするの?

はい、ここは特に決まりはありませんが、私がおすすめするのは24です。

なので、あなたに強いこだわりがなければ、ここは24に設定しておいてください。理由は後ほど、解説しますね。

それでは「期間」と「偏差」の設定が終われば、OKボタンを押してください。

(ちなみにスタイルが線の色です。)

step
3
2σ線を導入

次に、先ほどのステップ1とステップ2で行った作業を、偏差の数値だけを2に変えて、もう一度行ってください。

それが終わると、チャートには1σと2σのボリンジャーバンドが表示されましたね。

今回は3σ線は使用しませんので、3σの導入は行わなくて大丈夫です。

ボリンジャーバンドを観察しよう

無事にMT4にボリンジャーバンドは表示されましたでしょうか?

それでは、まずボリンジャーバンドを一緒に眺めてみましょう。

凄い波打ってますねえ…

この波、不規則に動いているように見えますが、実は一定の規則性があります。

スクイーズ

スクイーズ状態

エクスパンション

エクスパンション状態

大きく分けると、この二種類が繰り返されているのが、わかるかと思います。

また、エクスパンションが起きる手前では、ボリンジャーバンドの幅が極端に狭くなっている確率が高いですね。

そして、エクスパンションが終わるときには、下降なら上のボリンジャーバンドから縮り、上昇なら下のボリンジャーバンドから縮まってくるというのも確認できます。

上記の内容が理解できると、ボリンジャーバンドを使えば、チャートの未来が見えてくるようになることが分かりますよね。

ボリンジャーバンドの本当の使い方

ボリンジャーバンドの本当の使い方画像

それでは、この章ではここまでの内容をフルに活かした、ボリンジャーバンドの本当のエントリー方法を解説していきます。

まずチャートを1時間足に切り替えます。

ここでボリンジャーバンドの設定時に期間に打ち込んだ数値の『24』という数字を思い出してみてください。

はい、鋭い人だともうお分かりですよね?

そうです、チャートを1時間足にすると、直近24時間から割り出されたボリンジャーバンドが表示されるんです。

なぜ1時間足を見るのかというと、チャートは上位足チャートに向かうほど、信頼性が高くなるからですね。

基本が中長期取引のFXだと、さらに上位足を見ていきますが、バイナリーオプションでは1時間足で十分でしょう。

しかし、1時間足より上位足をまったく見なくていいという訳ではありません。

ここが理解できないという方は、以下の記事を読んでから、戻ってきてください。

まずはコレ!
マルチタイムフレーム分析を使ったバイナリーオプション攻略法
マルチタイムフレーム分析を使ったバイナリーオプション攻略法

この記事でわかること バイナリー攻略に必須のマルチタイムフレーム分析の意味 MTFの活用方法 MTFを利用する上での注意点 木を見て森を見ず。 「物事の一部しか見れず、全体を見失ってしまう」という意味 ...

続きを見る

傾いたスクイーズ時のエントリー方法

傾いたスクイーズ時のエントリー方法

まずは1時間足のボリンジャーバンドがスクイーズ状態で、且つ上昇または下降に傾いているときのエントリー方法です。

この場合は、±2σと±1σ(または移動平均線)の反発を狙いながら、下位足の動きを見てエントリーを行ってください。

この際、ボリンジャーバンドにタッチしたからといって、エントリーを決定してはいけませんよ。1時間足ですからね。

きちんと下位足を確認し、ライントレードを使用したり、ロウソク足の形を見ながらエントリーを行っていきましょう。

スクイーズが終わるサインは、ボリンジャーバンドの幅が縮まってきたときなので、その状態になると警戒を始めてください。

平行なスクイーズ時のエントリー方法

平行なスクイーズ時のエントリー方法

次は1時間足のボリンジャーバンドがスクイーズ状態で、レンジ且つ平行を保っているときのエントリー方法です。

はい、ここでやっと登場。±2σタッチでの逆張りエントリーを狙ってください。

もちろんここでも±2σタッチが起きたからといって、エントリーの決定は禁止。きちんと下位足も見ていきましょう。

スクイーズが終わるサイン、ボリンジャーバンド幅の縮小も意識してくださいね。

エクスパンション時のエントリー方法

エクスパンション時のエントリー方法

最後に、エクスパンションが発生しているときのエントリー方法です。

ここでは、流れに沿ったエントリーを狙ってください。上昇であればHIGH、下降であればLOWですね。

しつこいようですが、もちろんここでも下位足の動きには目を向けてくださいね!!

エクスパンションが終わるサインは、下降なら上のボリンジャーバンドから縮まり、上昇なら下のボリンジャーバンドから縮まってくる、でしたね。

まとめ

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方まとめ画像

いかがでしたか??

もしかすると、少し期待はずれだったという方もいるかもしれませんね。

ですが、ここで「良い事を知った!」と思える方は、今後のバイナリーオプション人生は大きく変わってくるでしょう。

ボリンジャーバンドはあくまで根拠付けの1つです。これはRSIだろうがなんだろうが、どのインジケーターも同じこと。

ほかのテクニカル手法、ローソク足の形などと掛け合わせ、エントリーをしていくことで必ず勝率は上がっていきます。

チャートを分析し続ける。

バイナリーオプションで利益を出すための1番の近道で、たった1つの方法です。

チャートを分析するコツも書きましたので、下にリンクを貼っておきますね。

ネットには載らない、あなただけのバイナリーオプション必勝法が見つかるはず。

当サイトでは、他にも多くのバイナリーオプションの攻略法を掲載しています。
ぜひ取引の参考にしてくださいね。

それではあつしでした。

次はコレ!
チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術
チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術

この記事でわかること バイナリー攻略に最も効果的なチャート分析方法 どうも、あつしです。 今回は、バイナリーオプションで取引を行うにあたって一番大切な「チャート分析効果を10倍にする方法」をお伝えしま ...

続きを見る

ハイローオーストラリアの詳細情報

業界一の
人気老舗業者!

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。高い利益率とスムーズな入出金を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

-ハイローオーストラリア攻略必勝法